HOME >> よくある質問 >> 「ハイブリッド」について

よくある質問

「HACハイブリッドエアサイクル」について

※本文中のリンクされている単語は、PAC用語辞典で解説しています。参考にしてください。

HACハイブリッドエアサイクルは従来のPAC住宅と何が違うのですか。

都市部の狭い土地に適合した健康住宅それがHACハイブリッドエアサイクル住宅です。 HAC住宅の大きな目的は太陽光の届きにくい都市部の狭小住宅です。 屋根や壁に太陽光が当たることはあまり期待できない土地ということで、PAC住宅の屋根面と壁面の通気層を省きました。 残るのはPAC住宅の部屋の周りの空洞、それを躯体内空間といっていますが、床下空間と内壁や間仕切り壁空洞と階層間の空間さらには小屋空間を空気が流れるようにつないだ一連の空間です。 躯体内空間にいつも空気が流れていれば湿度を調整し結露を防ぎ、住宅の骨組みを長生きさせます。木造でも鉄骨でもとても大切なポイントです。 また躯体内空間の温度や湿度をコントロールすることで、躯体内空間に囲まれている部屋の温熱環境を整え健康で住まい心地のいい居住環境をつくりだすことができます。PAC住宅の心臓部ともいえる躯体内空間をフルに生かしたシステムがHACハイブリッドエアサイクル住宅なのです。狭い土地を魅力に変える「空気の家」健康都市型住宅プロジェクト
狭い土地に家を建てる
自然環境に恵まれない土地で健康な家を建てるには都市型狭小住宅から生まれたHACハイブリッドエアサイクル住宅
HACハリッドエアサイクル住宅の原型

 

 

 

PAC住宅プチ動画シリーズ