PAC住宅5つの特徴
1.工法 人と建物の健康を考えた「外張り断熱PAC工法」

工法 -人と建物の健康を考えた「外張り断熱PAC工法」-

Passive Air Cycle Method

建物を支える木材をいつまでも健全な状態に保つために、当社オリジナルのPAC工法を採用しています。
断熱材を柱の外側に張る「外張り断熱」と床下や壁の中を空気が流れるように造った工法です。常に木材が流れる空気に触れることで木は長持ちし、家の温度差や結露を防ぎます。

2.設計 -パッシブデザインと住み心地を追求した設計-

    設計 -パッシブデザインと住み心地を追求した設計-

Passive design

太陽熱や風など、自然の恵みを活かすパッシブデザイン、そして中廊下を極力なくして水平・垂直方向にも目線が広がるのびやかな空間。そして、住まい手のライフスタイルにあわせた動線やきめ細かい収納計画など、住み心地と使い勝手を大切にした間取りを提案します。

3.素材 -厳選された自然素材-

素材 -厳選された自然素材-

Natural materials

無垢の木、漆喰、畳、障子など古くから日本の住まいで使われてきた素材を使用しています。産地や素材も顔の見える関係を大切に、厳選された素材を用います。経年変化で深まる味わい、安全性、手に触れた時の優しさなど、自然の素材にはつくり物にはない価値があります。吸放湿性のある自然素材は、過敏体質、アトピー性皮膚炎、乾燥肌の方やお子様にも安心です。

4.技術 -木造住宅の伝統を守る職人-

技術 -木造住宅の伝統を守る職人-

Wood technology

国産無垢材を積極的に取り入れた木造軸組工法の家です。 無垢材は季節により膨張と収縮を繰り返します。また木裏木表(木の表と裏)で反り方も違います。無垢材を活かすため、木の特性を知る熟練した大工が建てています。

5.メンテナンス -家づくりは完成が始まり-

メンテナンス -家づくりは完成が始まり-

After support

お引渡し後、10年までの定期点検では、建物外部と室内の点検はもちろん、床下や小屋裏にも入って異常がないかを調べます。デザインや見栄えも大切ですが、家は見えないところが重要です。また、ご入居の皆様には、定期的に日々のメンテナンスのコツや住まいの情報をお届けしています。

高品質の理由

「いい家をつくりたい」。それが私たちの大切にしていることです。

Reason 01素材の高品質

  • 骨太の柱や梁などの構造材
    国産無垢の杉やヒノキを中心に使っています。
    丈夫で高耐久な家にするために構造材は骨太です。
    通常3.5寸角の柱が主流ですが、私たちは4.0寸角と通常より太い柱を選びます。
  • 無垢のフローリング+造作家具材
    厚さ15ミリ以上の無垢のフローリングをお客様のお好みにあわせて厳選して使います。
    カウンターなど造作家具材は、無垢材、あるいは間伐材を利用した板材を活用しています。
    無垢の木の仕上げは、木の風合い、木の呼吸を妨げない天然オイル塗装が標準です。
  • オリジナルのPAC工法部材
    スーパー越屋根、床下換気口、エアダンパー、ルーフダンパー、空気取入れ口といった、
    オリジナルPAC工法部材を使用しています。
    大学・研究機関と各種実験検証を繰り返し、建築技術開発したもので、現在も設計、製造、販売している各部材は約7000棟の使用実績があります。

Reason 02技術の高品質

  • 家の耐久性を維持する基礎
    基礎幅は通常の12㎝より厚みを持たせた15㎝が標準。鉄筋の被り厚をしっかり確保しています。また、地中梁を用いることで床下の通気性を確保。この基礎形状は床下にもサラサラと流れる空気を生んで木材の耐久性を高めます。
  • 無垢材を扱う技術
    無垢材にも様々な樹種があります。これらを適材適所で使っています。設計段階から工事に至るまで、木を扱う技術があってこそ、本来の無垢の木の良さを活かすことができます。
  • 樹脂を使わない漆喰を塗る左官技術
    自然素材100%の漆喰を使っています。樹脂や合成糊が混ざっていない本物の漆喰は、現場で材料をつくるところから始まります。海藻糊を鍋でコトコト焚いて混ぜるなど、無添加の漆喰を塗るためのそのひと手間を惜しみません。豊富な経験と実績により漆喰を天井に塗ることも可能です。

Reason 03専門性の高品質

間取りや素材、空間構成については、設計士に。
工事でわからないことがあれば設計士や現場監督に。
お金やその他のことには、営業担当に。
住んでからのお悩みは、担当スタッフ、あるいはメンテナンス担当に。

設計から施工まで一貫して行っているからこそ、専門家同士の距離感が近く、
安心して暮らして頂ける家づくりのために、妥協せずにチーム一丸となって取り組んでいます。

コストについて

住みやすさと耐久性を重視した付加価値のある家

建物の見えないところ(床下や壁の中、各下地材)を大切に、時間をかけて施工します。それが快適で長持ちする家のためには必要と考えるからです。
また、現場では設計士、工事監督、大工が一緒になって考えながら造りあげ、家の品質をあげることを優先にしています。

コストは、建物の『材料費と工事費』にかける

■設計・工事・アフターメンテナンスの全行程を一貫して管理し中間コストをカットしています。

■自社開発&製作のPAC工法部材を使用し、中間コストを抑えることができます。

■展示場(モデルハウス)や広告宣伝に費用をかけず、家の品質に関わる部分に費用をかけています。

■構造材は、千葉県市原市にある自社プレカット工場にて加工し、現場へ直送します。


《建築費用の目安》

ご家族にとって本当に必要なもの、大事にしたいこと、その優先順位を一緒に考え、多くの経験、プロの視線からプランのご提案、アドバイスをさせていただきます。
新築の場合、建物費用の目安としては総二階30坪で2500万円程度~となりますが、家づくりは本体工事の他に付帯工事費や諸経費が必要となります。まずは総額のご予算をお聞かせいただければ、建物の規模や仕様等をこちらからもご提案させて頂きますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

トップページへ戻る